【ボート保険のご案内】

もしも・・事故がおこってしまったとき。

搭乗者の保証や、捜索救助費用、船の曳航費用、補修費用、など
車同様にボートでも、事故の際にはいろいろな負担がでてきます。
ボートにも保険加入は必須です。

@漁船保険組合:PB保険


まずは、最低限の安心をお求めなら、当社では、長年の経験から漁船保険組合のPB保険をおすすめしております。

玄界灘では漁船の航行が多く、漁業者の方々との事故や、漁網を破るなどの事故の確立が大変多いのが現実です。

漁船保険は、全国の漁業者の皆様が加入してある保険ですから、事故の際の賠償や保障のお話もスムーズ。

海難事故の際の手続きも、漁船保険担当者が迅速に行い、当社でも事故後の修理書類をすぐお出しいたします。

一般的な保険会社のボート保険と比較すると、担当者が海や船のことを熟知していますので事故対応が早いです。


 
費用はだいたい、年間数万円です。(年/2万円代平均:23フィート〜26フィート)

詳しいご案内・ご説明は、漁船保険担当者がまいります。お気軽にお問い合わせください。

*こちらの保険は対人・対物のみの保険となります。




その他、当社のお客様がご加入いただけるお奨めのボート保険では・・

対人対物に加え船体保険の保証も大きいヤンマーのレジャーボート総合保険スペリオールがございます。

スペリオールは、他社の一般的なボート保険と異なり、船体保障が大きいのが特徴です。

他社では一般的に船体保険の支払対象外となっているトモマワリ、プロペラ、シャフト事故や

エンジン焼き付きなどの事故まで保障の対象となります。

 スペリオールは、ヤンマー艇のお客様に、より海を安心して楽しんでいただけるようお作りしている

プレジャーボート保険です。さらに、当社のお客様にはご加入に際して特別プランで応援もいたします。

詳細はお問い合わせください。  

みなさまの楽しいボートライフに、ボート保険のご相談もお気軽にどうぞ。


     
Aヤンマーレジャーボート総合保険スペリオール





Copyright(C)2011 Karatomarine All Right Reserved.